Print This Page Double Lines

最近表示した項目:

ハワイの英雄 ハワイの英雄
Double Lines

YOU MIGHT ALSO LIKE

Double Lines
Double Lines

デューク・カハナモク像、ワイキキ border

ハワイの英雄

カメハメハ大王デューク・カハナモク聖ダミアン聖マリアンヌは、ハワイの歴史で大活躍した英雄です。その偉業を記念して、ハワイには3人の銅像が立てられています。

デューク・カハナモク
デューク・カハナモクは、その伝説的な水泳能力により1900 年代初めにオリンピックでいくつものメダルを獲得しました。デュークはまた、オアフ島 を初めて訪れた人にサーフィンやカヌーの漕ぎ方を教えていた、ワイキキ}ビーチボーイの最初の一人でもあります。

後に、デュークはサーフィンやアロハの精神を世界に広めることに貢献しました。デュークの銅像は、にぎやかなカラカウア通りの向かい、クヒオ・ビーチで、腕を広げてワイキキへの訪問者を歓迎しています。

カメハメハ大王
カメハメハはビッグ・アイランド(ハワイ島)のノース・コハラで生まれました。カメハメハは、西洋の影響が強くなる中、1810年にハワイ諸島を1つの王国に統一します。戦士としての伝説的な強さと破壊力は、外交的手腕とハワイの人々への愛に移り変わりました。

カメハメハ大王の銅像は4体あります。最も有名なものは、オアフ島ホノルル・ダウンタウンのアリオラニ・ハレ正面( イオラニ宮殿の向かい)にあります。2 つめは生誕地の近く、ビッグ・アイランド(ハワイ島)のノース・コハラ・シビックセンターの前です。3つめは、ビッグ・アイランド(ハワイ島)ヒロのワイロア川州立公園内にあります。4つめは、ワシントン DC の国立彫像ホールに置かれています。

聖ダミアン
ベルギーの司祭、ダミアン神父がモロカイ島にやってきたのは1873年のことです。伝染性のハンセン病にかかった島民は、人里離れたカラウパパ半島に隔離されました。16年間無私無欲でカラウパパの人々の面倒を見てきたダミアン神父もまた病に倒れてしまいます。献身的な活動に対しダミアン神父には聖人の称号が与えられ、2009年10月にローマで正式に認められました。

ダミアン神父の銅像は3体あります。オアフ島 ホノルル・ダウンタウンの州議会議事堂前、 モロカイ島 の聖ジョゼフ教会前、そしてワシントンDCの国立彫像ホールの3ヶ所にそれぞれ置かれています。

福者聖マリアンヌ・コープ
ハワイで、ハンセン病患者の治療に情熱的に取り組んだのは、ダミアン神父一人ではありませんでした。マザー・マリアンヌ・コープ は、1883年にカラカウア王の要請を受けて、聖フランシスコ会の 2人の修道女と共にこの島にやって来た時、修道院長であり、ニューヨーク州シラキューズのセントジョセフホスピタルで有能な管理者としての能力をすでに発揮していました。到着の翌年には、オアフ島カカアコのブランチ病院を監督するように依頼され、同年、マウイ島にマルラニ病院を設立しました。1885年には、両親がハンセン病にかかって遠いモロカイ島のカラウパパ半島に隔離されてしまったため、家庭を失った少女たちのために、カピオラニ・ホームを設立しました。1888年には、ダミアン神父が他界する数ヵ月前に、カラウパパで合流し、ダミアン神父のライフワークを担っただけでなく、独自の革新的な仕事をいくつも行いました。

マザー・マリアンヌは、2012年10月21日に聖人と認められました。マザー・マリアンヌの亡骸は 2005年にニューヨーク州シラキューズに運ばれましたが、2014年7月に、ハワイ・ ホノルルのアワー・レディー・オブ・ピース大聖堂に戻りました。今では、ホノルルのケワロ湾公園に、海を見下ろす銅像が立っています。